一時期、収入に困ってチャットレディのお仕事をさせて頂きました

一時期、収入に困ることもありチャットレディの募集をきっかけにお仕事をした経験があります。
私が行なったところでは「服を脱ぐなどの行為禁止」の健全なサイトでした。
女性は無料で登録できて、簡単な面接があります。
面接官は感じのいい男性の方でした。

万が一、むちゃな要求をされたり、不快な事をされたりしたら、強制退出できるシステムもあり信頼できるサイトだったと思います。
面接では免許証や保険証などといった身分を証明するものを提示して本人確認を行なったり、本番のシュミレーションをしたり、画面のボタンの使用方法を教えてもらったりして30分くらいで終わりました。

私は特定されないように、ウィッグを装着し、カラーコンタクトを入れて仕事に挑みました。
中にはいい男性もいるのですが、話し上手でなければキツイ仕事だと実感しました。
お友達と喋ってるような感覚で喋れる方もいれば、御堅い方もいたりして、自分のキャラクターや立ち回りをうまく使い分けなければなりませんでした。
キャバクラ等で働いている方でしたら簡単なお仕事だと思いますし、触られる心配もないのでオススメです。

どの業界にもおけることなのですが、いい男性もいれば不快な思いをさせてくる男性もいます。
私の場合は「健全なサイト」だから登録したのに、圧倒的に「服を脱いで欲しい」「自分のモノをみて欲しい」等の要求をされる方が多かったです。
「こういう行為をしてしまったら私も強制退会になってしまうので・・・」と説明していきなり退室してしまう男性がとても多かったです。

女性を道具としてしか見ていない方が多くがっかりしてしまったのと、こういった男性が続くとストレスになってしまう事、入室音が鳴ると次も不快な思いをするんだろうかと思ってしまうようになった事・・・
色々続いて私は退会しました。

おそらく性格が真面目すぎて向いていなかったと思います。
仕事のために割り切ってやろうと思っていたのですが、うまくいきませんでした。

登録している女性はギャル系からマダム系までさまざまでした。
入室待ちが多かったタイプは清楚系でした。
このタイプは年齢問わず人気があったように思えます。

趣味もゲーム等男性と共通の会話ができるタイプの女性が人気でした。

やはり、こういった1:1でする仕事は相手の興味を惹けるかにかかっていると思います。
これからチャットレディをやろうとしているのならある程度の覚悟と、相手の事を思いやれる人材でなければ務まらないと思いました。

『チャット求人はいつでも歓迎!サイト一覧はここから。』

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。