嫌な相手でも話さないとダメですか?

チャットレディでは、嫌な相手と無理に話す必要はないんです。
サイトの機能でも、「キック機能」が付いているサイトもあるので、苦手な男性会員を強制的に追い出す事も可能なんです。
チャットレディというのは、人と人とのコミュニケーションの仕事ですから苦手な方の遭遇もあることでしょう。
チャットレディを長く続ける為にも基本は楽しくストレスを溜めずに仕事をする事が大事ですね。

もちろん、嫌な相手とはできるだけ話したくないものですよね。
できるなら話さないで済むならば話さないでおきたいものです。
しかし嫌な相手だとしても話すことは大事なんです。
これは嫌だと思っているあなたのために大事なことです。

ですからここでは嫌な相手でもどうして話さなければならないか?を個人的な意見として記載したいと思います。

嫌な相手と話すとき、無意識に相手の機嫌を損ねないように話していることはないでしょうか。
できるだけ波風をたてず終わるようにしていることはないでしょうか。
これはやってはいけません。

嫌な相手と話すことは自分の苦手を克服する訓練になります。
なにが苦手なのかとしっかり向き合う良いチャンスです。
そのためには無難に終わらせようとは思わず、相手と戦う気持ちで向かいましょう。

戦うといっても喧嘩腰で向かうということではありません。
相手が何を望んでいるのかを分析し、それを理解したうえで自分の都合の良い方向にどう持っていくか、それを会話の中で相手より早く組み立てるのです。
相手に遅れをとってはいけません。
少しの隙を出したら相手はそこを攻撃してきます。

まず相手が何を自分に伝えたがっているか、それを理解します。
それはただの不満かもしれませんし、ただの八つ当たりかもしれません。
それならそれで構わないのでまずはそこを考えましょう。

それがわかったら次は相手の納得する結末を想像します。
これは難しいかもしれません。
無理な要求をしてくる人もいますし、ただ自分の不満をぶつけたい人もいます。
無理な要求をする人ならば、その人の要求を交わしつつ、納得できる方法を考えましょう。

これはあなたのトークスキルにかかってきます。
譲らない態度となだめる姿勢が大事です。
心理効果などを利用する場合もあるかもしれません。
これは大変ですが、必ずあなたの力になります。
不満をただぶつけたいような人は、いなすということの練習だと思うことにしましょう。

相手は全部言ってしまえば落ち着くことが多いです。
他には自分を試すような会話をしてくる人もいます。このタイプの人は人より上に立ちたい気持ちがあり、相手にするととてもストレスが貯まりますが、教えてもらっていると自分で納得してしまいましょう。
その気持ちだけでも相手は雰囲気で満足します。

相手が苦手だと思うとき、それはあなたの弱点が解るときです。
積極的に自分の勉強のために使ってしまいましょう。
嫌な人は沢山います。
むしろ嫌じゃない人のほうが少ないのではないでしょうか。
しかしその人と話す機会は必ずあなたを成長させてくれます。
頑張ってください。

 『基礎知識を知っておこう!』